SFの世界、ワープ航法の原理が現実に!?「ハロードライブ」航法の理論





創作の世界に登場するワープ航法。様々な架空の原理が作品中に出てくるが、現実に可能な原理は存在するのだろうか。

コロンビア大学の天文学者David Kipping氏は、より遠くへ速く移動できる事を可能とする新しい仮想推進システムを論文で提案している。

この仮説はすでに宇宙探査機に用いている方法を応用したもので、惑星や他の大きな物体の重力を使って宇宙船を目標に向けてスリングショットのように飛ばす(スイングバイさせる)というもの。

この基本原理は、ブラックホール周辺で確認できる重力によるミラー効果も踏まえている。




Kipping氏の「ハロードライブ」は、ブラックホールの近くの特定の点でレーザービームを発射することで機能する。新しく励起された光子は宇宙船までかなりのスピードを保ったまままっすぐ戻り、そこで運動量に変換される。このプロセスは、宇宙船を加速し続けるために何度も繰り返すことができるものでもあるという。

関連動画
The Halo Drive

Kipping氏は、地球外文明が我々の銀河中を移動するためにこのようなシステムを使用しているかもしれないと主張している – 既に存在が知られている大量のブラックホールを考えると・・・。




しかし、宇宙船が目的地に到着した後、どのように減速するのかは現状では考えられていない。そのため、実用化についてはハードルが高いものとなるだろう。

果たして我々がSFのようなワープ航法を手に入れることができるのか。それは今後の研究によると見られている。

(飯山俊樹 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

イメージ画像©Genty in Pixabay


関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る