TBSアナウンサー続々退社…安住紳一郎アナも年内の去就を考え始めた!?





TBSのアナウンサーが次々と会社を辞めている。

その理由は様々噂されているが、局アナを重視してないTBS上層部に対する不満が積もりに積もっているようだ。その大きな理由は、TBSの看板番組「NEWS23」のメインキャスターに外様のアナウンサーを抜擢したことだ。テレビ朝日を退社する小川彩佳アナウンサーが、6月よりメインを務めるとされ、局アナの間ではこの人事に不満を漏らすものも多いと言われている。

今年に入って既に、2019年1月末には実力派の吉田明世アナが退社しており、若手のホープと呼ばれた宇垣美里アナも2019年3月いっぱいでTBSを去ることになった。噂によると1年以内にあと数名が会社を退社すると噂されている。




関連記事

【放送事故】『木梨の会』無断欠席、TBS古谷有美アナ…ガチ朝寝坊だった!

まさに緊急事態と言ったところだが、これまでTBS愛に溢れていると言われてきたメインアナウンサーの安住紳一郎でさえも年内で退社し、独立するのではないかと噂も流れている。

安住の愛社精神は強く、TBSのアナウンサーであることに誇りを感じていると周囲には思われてきた。しかし、アナウンサーたちの待遇や評価に対する不満が高まり、アナウンス部のリーダー格であった安住もどうやら人事に失望しているようだ。本当に安住は独立してしまうのだろうか……ぜひとも会社上層部は安住や他のアナウンサーたちのことを今一度評価し直して、TBSに留まるように慰留していただきたいものである。

(大山朱姫 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)





関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る