インドネシアの精霊「アムリン」 呪術師に取り付いて少女15年間監禁!





ジャカルタポストの報道によると、インドネシア東部スラウェシ島の洞穴で、28歳の女性が監禁されていたことが判明した。

この女性は2003年、まだ13歳だった頃、村の呪術師に洞穴に閉じ込められ、15年間も監禁され、繰り返しわいせつ行為をされていたとみられている。

監禁していたのは83歳の呪術師ジャゴ容疑者であり、「自分ではなく、精霊「アムリン」が憑依して犯罪を行っていた」と供述している。家族には同容疑者が「少女は遠くに旅立った」と説明しており、行方不明者扱いになっていた。




ジャゴ容疑者は他の少女にも同様の行為をやっていたと見られており、今後他の被害者があちこちの洞窟から発見される可能性もある。警察は児童保護法に違反に加え、監禁罪、強姦罪で容疑者の犯罪を立件する予定であるという。

自分の犯罪を聖霊のせいにするとはとんでもない。こんなエロジジイ呪術師は、即刻死刑にしてもらいたいものである。

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©ANTV News Plus / YouTube





関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る