【都市伝説】ピエール瀧のコカイン事件、『アナ雪』が予言していた!?





本ATLASでも度々報じている通り、俳優・歌手として知られるピエール瀧がコカイン使用で逮捕された。

今回の瀧の逮捕に関しては、同じく先日、女性に対する性的暴行で逮捕された新井浩文のSNSに瀧と新井が左右に収まっている写真が発見されたりといった、まるでシンクロ現象みたいな出来事も報告されている。

そんななか、上記の説ともうひとつ「ピエール瀧」と「コカイン」をつながるような都市伝説が、一部オカルトファンの間で発見され、話題になっているようだ。




それは、瀧の声優としての代表作のひとつディズニーアニメ『アナと雪の女王』に関するものである。

瀧は『アナ雪』にて、陽気な雪だるまのキャラクター「オラフ」を好演していた。そして、最近のニュースでもたびたび報道されているが、コカインはドラック患者および裏社会では、隠語として「スノー(雪)」ということが良く知られている。

コカインのことをスノーと呼ぶ理由であるが、見た目が白い粉雪に似ているほか、鼻腔から直接吸引するドラッグのため、「snorting:スノーティング(鼻を鳴らす)」から由来しているなど諸説ある。

雪だるまを持ち役にした瀧が「スノー」を吸引して逮捕とは全く洒落にもならない、ディズニーやそのファンにとっては悪夢の出来事だったに違いない。

関連動画
“アナ雪”オラフ声優を交代 ピエール瀧容疑者逮捕(19/03/13)






なお、ピエール瀧の逮捕に関するアーカイブには、「ディズニー激怒!『アナ雪』声優即変更」、「新井浩文が瀧の逮捕を予言!?」、「ピエール瀧逮捕で出演作品関係者が大揉め」などがある。

(江戸前ライダー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Free-Photos in Pixabay


関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る