雲の中に「守護天使」が出現!?ニューヨークで撮影された謎の影





こちらは今月5日、アメリカはニューヨーク州のNew windsorにて撮影されたものだ。

オカルト系Youtubeチャンネルの「MrMBB333」宛に視聴者から届けられたもので、よく晴れた青空の様子が写っている。しかし、その雲の一部を拡大してみると、奇妙な黒い影が小さく存在していることが解る。大きく翼を広げた生物のようにも見えるが、鳥にしては大きすぎる。

関連動画
ニューヨーク・ニューウィンザー上空に『守護天使』:雲より高く!






MrMBB333ではこの写真の一部を拡大、画像解析して「まるで天使が雲の中に出現したかのようだ」と語っている。動画には背中の翼を広げた天使のイメージイラストと並べて比較している箇所もあるが、見ようによっては落下中の人のようにも見える。

彼は過去に自身のサイトに過去に投稿された、「雲の中に出現した巨大な鳥らしき影」に言及し、アメリカに生息しているとされる未確認生物「サンダーバード」との類似も述べている。また、こちらの「巨大な鳥の影」には前後にもう少し小さな鳥のような影が出ていることにも言及している。




果たして、これらの写真に写った「巨大な翼を持つ生物の影」の正体は何だったのだろうか。単純に雲の重なりによって偶然そう見えたに過ぎない、という意見もあるが、「上空を飛行する守護天使の姿が捉えられたのだ」、「未確認生物のサンダーバードである」、中には「雲が意思を持っているかのように動き出す『ミステリー・クラウド』ではないか」とする意見も出てきている。

果たして、この「雲」の正体はいかに?

(飯山俊樹 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©MrMBB333 / YouTube


関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る