今年もネッシーの目撃例が頻発!?ネス湖のネッシー「5日間で2回発見」





未確認生物の代表格であるネス湖のネッシー。その目撃が報告される頻度が近年増加していると話題になっていた。そして今年、5日間で2回もネッシーが目撃され、にわかに注目を集めている。

アイルランド在住のネッシーハンターの一人がネス湖公式のウェブカメラでネッシーらしき影を目撃したと報告。実は彼が目撃したほんの数日前、マンチェスター出身の女性が、パートナーとネス湖周辺の道路を運転中に湖を泳ぐ生物の影に気づいたと証言していたのである。

果たしてこれは何を意味しているのか。




2017年、2018年とネス湖では年々ネッシーの目撃例が増加してきている。目撃例が増えた背景には、定点カメラでの観測やネット配信等の環境が充実化して人々がネス湖の様子を常に確認できる機会が増えたこと。またスマートフォン等の撮影機材の進歩により、高解像度の動画や写真の撮影が可能になってネット上に上げる事も可能になり、ネッシーと思われる画像の閲覧と検証が容易になったことなどがあると見られている。

実際、2000年代に入ってから減少していたネッシーの目撃証言は、2015年頃から逆に増加してきている。

勿論、目撃証言の中には流木や大型の魚を誤認したという可能性も考えられるためすべての証言がネッシーそのものを目撃したと言い切ることは出来ないが、現代になってネッシーが再び脚光を浴びるというのは非常に興味深いことであると言えるのではないだろうか。




関連動画
ネス湖のモンスターをテープに撮った(本物)

(加藤史規 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©TrendTube / YouTube


関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る