たけし軍団ダンカンの息子・飯塚甲子園…学生時代のあだ名は「最下位」





たけし軍団の重鎮である芸人・ダンカンの息子・飯塚甲子園さんは、日本テレビ「スッキリ」のレポーターをするなど、以前は芸能活動をしていた。しかし、現在は一般の会社で営業やっているらしい。

彼の甲子園という名前は本名であり、熱狂的な阪神タイガースファンであった父親が名付けた名前だ。当時、ダンカンはマラソンも大好きであり、「イカンガー」にするか「甲子園」にするか迷ったといわれている。

関連記事

【真実?】たけし「ダンカン馬鹿野郎!」言ったことがない!?

先日、母親の希望で「王子様」という名前をつけられた男性が改名したというニュースが流れたが、かつての「悪魔くん騒動」も含めて、名前というのはイジメにつながる可能性もある。飯塚甲子園さんも例外ではなく、阪神タイガースが最下位だった時は「最下位」というあだ名をつけられてしまった。また、父親がたけし軍団であったため、熱湯風呂を友人達から強制されたこともあるらしい。

名前というのはなかなか難しいものだ。

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)




画像『ゴールデン☆ベスト ビートたけし~ビクター・シングルス&アルバム・セレクション


関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る