2千年前の墓から出土した液体…「不老不死の仙薬」だった!?





以前、本アトラスで中国の古代の墓から発見された液体について紹介した。

関連記事

これが世界最古のワイン!?

今回は昨年10月、中国河南省洛陽市で発掘調査が行われていた古代の貴族の墳墓より出土したもので、およそ2000年前の青銅製の壺の中にはまだ澄んだ液体が3.5リットルほど残っていたというもの。アルコール系の匂いがしたため、ワインか何かではないかと見られていた。




その後研究者等によって成分分析がなされた結果、この液体は当時の人々が「不老不死の仙薬」と考えていた薬品であった可能性が高いことが判明した。主な成分は硝酸カリウムとミョウバン水で、古代の道教の書物に記されていた「不老不死の仙薬」の成分と合致したとのことだ。

関連動画
Elixir Of Immortality Discovered In 2,000-Year-Old Chinese Tomb

こちらの液体が発見された墳墓は紀元前202年から西暦8世紀の西漢王朝の貴族の墓で、死後の安寧と復活を祈る副葬品として墓に入れられたものとみられている。




その製法に関する記述は残っているものの、「不老不死の仙薬」の実物が発見されたのはこれが初めてである。

「古代より中国の皇帝たちが求めてきた仙薬の実物ということは、古代中国文化の研究にとっても貴重な価値のある発見となるだろう」と、洛陽の文化遺跡考古学研究所長官のShi Jiazhen氏は語っている。

(加藤史規 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©UFOmania – The truth is out there / YouTube


関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る