現在64歳の高見沢俊彦、高見沢俊彦の騎士に就任!





デビュー45周年を迎えるベテランのミュージシャンTHE ALFEE高見沢俊彦がサンマリノ共和国の騎士(ナイト)に就任した。

有名人が外国の名誉職に就く事はたまにある。大御所のお笑い芸人・西川きよしはシーランド公国の貴族であるし、同じく芸人の千原せいじは、アフリカのある部族の副酋長である。




今回、高見沢は、サンマリノ共和国の大使であるマンリオ・カデロ閣下の著書「だから日本は世界から尊敬される」を読み、ひどく感銘し交流を始めた。それがきっかけで今回騎士に就任することになったのだ。

どちらかと言えば、王子様と言うイメージが強いが、なんと御年64歳にして騎士になったわけである。今後はギターを剣に持ち替えての活躍となるのであろうか。




サンマリノ共和国は、バチカン市国、モナコ公国、ナウル共和国、ツバルに続き世界で5番目に小さい国と言われているが、歴史は1800年近く、消費税がないこともあって人口3万人に対して観光客が年間300万人も訪れる観光大国でもある。

主産業はコイン、切手、ワインであり、今回のナイト就任により、高見沢専用のワイン畑も用意された。都市伝説では高見沢には内縁の奥さんと娘さんがいると言われているが、家族揃ってサンマリノを訪問する日も近日中にあるのであろうか……。

関連動画
高見沢俊彦さん、王子から騎士へ 「聖アガタ騎士団のナイト」

(小山田まゆみ ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像『美旋律 ~Best Tune Takamiy~(初回限定盤A)


関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る