【サッカー都市伝説】今夜解禁! 中澤佑二は20年間唐揚げを食べていなかった





元サッカーの日本代表で、バンテリンのCMなどでお馴染みのボンバーと中澤佑二が、2019年1月9日、自身のブログで以前から公言していた通り40歳での引退を発表した。

左膝の状態がおもわしくなく、契約延長のオファーを固辞しての引退という形になった。今後は指導者として解説者として活動していくみたいだが、深い知識を持っている香水の開発にも頑張ってもらいたい。都市伝説では、熱狂的なファンであった安室奈美恵の引退にショックを受けて本人も現役を退いたといわれているが、この話は愛嬌であろう。

関連記事

【吉田沙保里 都市伝説】引退後は吉田監督誕生!投げられると幸せになる!?

中澤に関しては数々の伝説がある。




J1における出場試合数歴代3位を誇る彼には、フィジカル管理において厳しいルールを己に課していた。まず、質の高い睡眠を心がけ、練習や試合の後の疲労を体から抜くことに最大限の注意を払った。朝は早く起きて朝日を浴びて、肉体を覚醒させ、休日でも散歩などを行い体を動かしていた。また、安易に炭水化物抜きをせず、適量の炭水化物を摂りながらも、肉の脂身や唐揚げ・揚げ物等は一切取らず、己の肉体を維持することに努力を傾けた。この努力が40歳までJ1で活躍する結果となったのであろう。

なんと中澤は、20年間も唐揚げを食べてないといわれている。このように食事に関して厳しいルールを決めている有名人は多い。アトラスではGACKTが何十年も米を食べてないことを記事にしている。中澤は引退した今、ようやく唐揚げを食べることができるわけだが、今夜日本テレビ系列で放送される「行列のできる法律相談所」でついに20年ぶりに唐揚げを解禁するらしい。これはサッカーファンのみならず、注目の瞬間である。

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

イメージ画像©写真素材足成

画像『下手くそ





関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る