目を開ければ昼になり、目を閉じれば夜になる 巨大な龍「燭陰」





燭陰(しょくいん)は中国の伝説に登場する非常に巨大な体を持つ人面蛇身の龍神である。

皮膚は赤く、胴の長さは一千里にも及ぶと言われている。

燭陰の目は縦長であり、この目を開けば世界に昼が訪れ、目を閉じれば夜になるとされている。吐く息は雲を呼び雨や雪を地上に降らせ、地上に夏や冬をもたらすと言われている。




中国では古来よりよく知られた天地創造の龍神でもあり、地震は燭陰が寝返りをうつことで起きるものだとする言い伝えも残っている。

非常に巨大な龍神であるが、巨体を維持する食料などは要らないようで、普段はすみかにしている鐘山に伏して食物も水もとらず、息もほとんどせず眠らないまま長い時を過ごしているという。

だが、一度大きく息をつくと猛烈な突風が万里の先まで吹き抜けていくとされている。

(田中尚 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©ウィキペディア『今昔百鬼拾遺 雲』より「燭陰」





関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る