イギリス上空を飛行中の飛行機2機がUFOに遭遇!





有名な日航機がアラスカ上空で目撃したUFOしかり、パイロットの人達はたびたびUFOを目撃することがままある。

先日、イギリスのある町の上に浮かぶ奇妙な発光体をパイロットが発見。その無線での会話の記録が公開されて話題になっている。Air MidWestのパイロットは、2月14日の午後8時15分頃、グロスター上空を飛行中に赤色とオレンジ色の光と遭遇した。その光は7000フィートの高度をグロスターに向かって南に飛行していたという。

同時に、別の航空機も高度4000フィートの位置をグロスターに向かって南下しており、こちらでも明るく光る物体が観測されていた。

関連動画
BREAKING: Pilots Can’t Explain What They Just Saw






公開されている音声では、Golf-Sierra IndiaとGolf-Alpha Mikeというコールサインの2人のパイロットが、目撃した物体について交わした会話が記録されている。

「それは熱気球ですか?」とGolf-Sierra Indiaが尋ねると、Golf-Alpha Mikeは即座に以下のように返答する。
「あなたの後ろに、6時の方向に静止しています」

航空機のうちの1機は、発光体の正体とどこから来たのか特定するため、ある程度追跡しようとしたが、発光体はその前に逃げてしまったようだ。AirMidwestは、発光体について「標準的な航空機や気象活動とは違っていた」と強調している。




こちらの証言はUFO情報等を伝えるYouTubeチャンネルSecureteam 10にて、詳細が公開された。視聴者からは「ドローンでは?」「本物のUFOかもしれない」、中には「私の現役パイロットの友人もまた不可解なものを見たと証言しており、詳細を話すのを恐れている」という証言も寄せられていた。

果たして、パイロットが目撃していたUFOの正体が明らかになる日は来るのだろうか。

(飯山俊樹 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©secureteam10 / YouTube


関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る