【放送事故】ミュージックステーション、カメラマンが激突するパプニング





2019年2月22日に放送された『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)で、本番中にカメラマン同士が衝突するハプニングが発生した。

事故が起こったはアイドルグループ欅坂46のパフォーマンスにおいてで、この日は新曲の『黒い羊』をテレビ初披露だった。




熱っぽく派手なダンスが売りの欅坂の振付けなだけに、この日公開した曲はより一層ラディカルで、イントロ中にはメンバー同士が取っ組み合い(の振りをする)という過激さがウリのようだった。

さて、事故が発生したのは、その取っ組み合いのシーンに於いてだった。初披露のコリオグラフィーということもあったのか、欅坂を追っていたカメラマン同士が激突。




映像には欅坂の姿以外にも、対抗側のヒゲの生えたカメラマンの姿もバッチリ映ってしまうことになり、ネットでは「欅坂、素晴らしかったけど一番の見せ場で放送事故が……」「紅白に続いて放送事故とはかわいそう」といった声がSNS上で相次いだ。

欅坂は一昨年2017年度のNHK紅白歌合戦で、メンバーの平手友梨奈がパフォーマンスの途中で酸欠状態になったほかにも、昨年2018年のNHK紅白歌合戦でも司会の広瀬すずが乃木坂46と欅坂46を間違えて紹介してしまったりとハプニングが相次いでいる。

過激パフォーマンスが売りの欅坂46だけに、今後、本番前のリハーサルは入念にそして安全に行うことになるだろう。

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)

画像『黒い羊 (TYPE-B) (CD+Blu-ray) (特典なし)


関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る