耳の中に歯が生えている!?衝撃的な特徴を持った犬が発見された…





本アトラスでは度々奇形で生まれてしまった生物について報告しているが、この度非常に変わった特徴を備えた犬が発見された。

こちらはアメリカのオクラホマ州にある動物福祉シェルターに迷い犬として保護されたマスチフ犬だ。この犬は保護された際に驚くべき特徴が見つかった。

それはなんと、耳の中に歯が生えているというものだったのだ。ただ歯があるだけではなく、唾液も分泌するため「2つめの口」といっても過言ではないという。

関連動画
Meet Toad: Perfect pet dog has a salivating second mouth in her ear






シェルターの創設者であるHeather Hernandez氏によれば、この犬が施設に来た当初は強い攻撃性を見せていたという。そこで獣医師らがこの犬の去勢手術の際に身体検査を行ったところ、耳の中に歯が存在している事が判明。実質的に片耳は機能していなかった。

耳の中の歯についてデンタルクリーニングを行ったところ、いくつかの歯はひび割れて虫歯のような状態だった。そこで傷んだ歯を取り除いたところ、犬は落ち着きを取り戻したという。




この犬というのが、言うなれば、頭部の器官が少しずつずれた状態で備わっているようなものだったのだ。

「耳の中にあるもうひとつの口が、この犬にとって将来さらに問題を引き起こす可能性がないとは言えないが、今は落ち着きを取り戻しており、私たちのシェルターで心安らかに過ごしています」と彼女は語る。

(加藤史規 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©Pen News / YouTube


関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る