【シティーハンター都市伝説】「オルレアンの噂」とオウムサブリミナル映像





「劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>」が公開され、中高年と言わず若い世代にも受け入れられてスマッシュヒットを記録している。シティーハンターといえば、何度もテレビアニメや映画化され、幅広い世代から支持されている人気作品だが、人気作品が故に様々な都市伝説が語られている。

都市伝説マニアの間で知られている噂が「オルレアンの人さらい」である。これはフランス・オルレアンにある某洋品店に入った女性が試着室に入ると床が抜けで地下に落とされて(壁が入り口になっていてそこから誘拐されてしまうというパターンもある)しまい、そのまま誘拐されると言う都市伝説だ。




無論、根も葉もない噂に過ぎない。しかし、この都市伝説は世界的に広がってしまい、日本では東南アジアや中国でさらわれてしまい行方不明になった女性が「だるま女」にされてしまったという都市伝説に進化している。

この都市伝説を基にしたエピソードがシティーハンターでは放送されている。それはアニメの一作目のシリーズ第4話である。この回のストーリーは後に冴羽獠の相棒になる槇村香がブティックの試着室で行方不明になる女性を探すというエピソードだが、これは明らかに「オルレアンの噂」をモデルにしている。

シティーハンターは町で囁かれている都市伝説が溢れた作品だといえる。

関連記事

【都市伝説】アニメ「シティハンター」オウム真理教の映像が紛れていた!?






シティーハンター好きとしてはあまり触れたくは無いのだが、オウム真理教との接点も触れざるを得ない。1989年12月に放送された「シティーハンター3」の第11話、「クリスマスにウェディングドレスを…(後編)」の中で一瞬だけ麻原彰晃の顔が写し出されていたのだ。人間が認知できないほど一瞬ではあるが、サブリミナル映像として一時期問題となった。これはスタッフの悪ふざけであり、当時のアニメではこのようないたずらは時々行われていたという。90年代にオウム真理教が犯罪行為を行った時に発覚し、批判を浴びた。

しかし、シティーハンターという作品に全く罪は無い。もちろん声優さん達にも何も罪は無い。これが唯一の汚点と言えば汚点であるが、それ以上にシティーハンターが多くの人々に夢と勇気を与えたことは間違いない。

みんな映画館に行ってシティーハンターを応援しよう。

(馬鹿拓郎 山口敏太郎事務所 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像『劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ> -ORIGINAL SOUNDTRACK-(初回仕様限定盤)


関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る