猟奇?伝統?野村佑香一家、次女の胎盤を「いただきます」ペロリと食べた!





かつて、チャイドル(小学生のアイドルや子役)として人気者だった女優の野村佑香(34)が、 衝撃的な告白をしてネットが騒然となっている。なんと次女が生まれた時の胎盤を家族で食べたというのだ。

『2月5日16時24分 2744g 元気な女の子が次女として生まれました……、』と、2019年2月7日のブログで発表したのだが、この時に生姜醤油で味付けをして家族で一緒に食べてしまったと言う。なんと2歳の長女も食べたというから驚きである。(現在、その部分は削除)

この発言にネットはすぐさま反応、「人肉食だ!」「カニバリズムだ」と批判的な意見が多かった。




しかし、擁護するわけではないがアトラス編集部の見解としては、終戦直後ぐらいまで、地域によっては胎盤を食べる習慣があったのは事実だ。赤ちゃんに供給される栄養が豊富に含まれており、産後の滋養強壮剤として日本が貧しかった時代は重宝されたのだ。

また現代では、プラセンタと名前を変えて、医療機関や薬剤として普通に流通している。感染症のリスクはあるというが、他人の胎盤(プラセンタ)を補給するくらいなら自分のものを食べて何が問題であろうか。

しかしながら、現在の法律では胎盤は廃棄が義務付けられているため、野村がブログで公に報告したことは少々失策だったかもしれない。




関連動画
野村佑香が可愛さそのままに“チャイドル”から“ママタレ”へ/グリコ「ポッキー贅沢ショコラティエ」 PR映像

(松田ケン 山口敏太郎事務所 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像『ペイン


関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る