首の締め方が特殊だった… 大沢樹生の元息子、女性の暴行で逮捕!





2019年1月29日、光GENJI・元メンバーの大沢樹生(49)と元女優・喜多嶋舞(46)の長男が逮捕された。

長男の容疑は同棲中の22歳の女性に対する暴行である。この長男は、大沢と喜多嶋夫妻が離婚した後は、父親である大沢に引き取られていたが、DNA鑑定で大沢との親子関係が否定され、母親である喜多島のもとにも帰れず、祖母(喜多嶋の母親)である内藤陽子の養子となり、アメリカで生活していた。

関連動画
大沢樹生さん“長男”を送検 20代女性を殴った疑い(19/01/31)






喜多嶋が大沢と出会う前に、付き合っていた男性との間にできた息子であるということが推測されるが、喜多嶋はこのことに対して頑強に指定していた。しかしながら、大沢が行ったDNA鑑定で大沢と息子の間に親子関係がついに認められなかったのだ。

この結果は、当時少年であった大沢の元息子の心に深い傷を負わせてしまったことは間違いない。

その精神的苦痛が同棲相手の女性に対するDVと言う形で出てしまったのであろうか……。しかも、犯行時の首の締め方が特殊であったことがネットで話題となっている。指を口の中に入れてから首を絞める方法であり、SMマニアの間でよく使われる方法である。女性の首を絞めると性交時の締め付けが強くなり、快楽が増すというプレイである。




それにしても、こんな特殊な方法で交際相手の女性の首を絞めるとは、元息子はサディストの気質があるのであろうか。

彼自身、かつては両親のDVをマスコミに訴えていたことがあるのだが、今度は自分がDVの加害者になってしまった。あまりにも闇が深い話である。

大手ニュースサイトやテレビ番組では、元息子が行った首の締め方に関しては全く触れていない。これは子供への影響などを考えている配慮かもしれないが、この事こそが事件の本質を捉えている可能性がある。

≪こんな記事も読まれています≫
純烈・友井DV問題で「乙武さんはDV出来ない」古市が身体障害者へ差別発言
【都市伝説】ボブ・サップDV疑惑、AbemaTV企画もピンチ!新ジンクス開始?

(松田ケン ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

イメージ画像©写真素材足成


関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る