「嵐の活動休止は無責任!」発言、スポニチK記者と特定!バッシングの嵐





昨日、日本中を駆け巡った2020年嵐活動休止のニュースだが、思わぬ余波が出ている。

ネットやテレビで放送された嵐全員出席による記者会見において、「無責任である」と指摘したスポニチのK記者に対するバッシングが巻き起こっている。




確かに空気を読まない発言であるが、K記者の経歴や自宅住所、顔写真等がネットで飛び交っており、完全に個人のプライバシーが晒し者にされている状態だ。

マスコミに勤務するK記者はともかく、K記者の家族は一般人であり、守られるべき私生活を持っている。その辺は配慮するべきではないであろうか。

と同時に、K記者が発した「無責任である」という指摘は間違っているといいたい。

嵐のメンバーは何度も話し合いを持っており、SMAPの解散記者会見とは違った非常に好感度の高い記者会見を行った。また番組のスタッフやスポンサーに迷惑をかけまいとして活動停止まで2年という有余の期間をとっている。




これは同時にファンの気持ちに整理をつけてもらいたい期間でもあるようだ。つまり、きちんと大人としての責任をとっていると言える。

これをどうして無責任と言うことが出来るのか。昨日の嵐は、至極真っ当で、実に責任感溢れる会見を行ったと多くの人は認めているはずである。

なお、嵐に関する人気のアーカイブは他にも「銀座の父、2003年に嵐活動休止を予言していた」「ジャニーズ、OO周年の呪い」「嵐の過去の曲に霊の声が…」「サザエさんが嵐の活動休止を予告した?」「あの嵐の歌は活動休止を示唆していた!?」「嵐2020年活動休止、各自個別活動」、「嵐・相葉の不思議な心霊体験」、「フジテレビの社長が嵐の番組をリストラ」、「嵐の年収は2千万、退職金は数億円?」、「嵐のMCで再注目、千葉県の名物ピーナツ」、「嵐のコンサートチケットで1戦1千万稼いだ転売屋の女性」、「嵐の櫻井翔の父親が都知事選に出馬?」、「嵐二宮と木村拓哉のツーショットで木村拓哉の顔が変わった? 」、「嵐・相葉の心をつかんだ後輩のメール」などがある。

(大山朱姫 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像『最高の“嵐”輝く20年目へ… (M.B.MOOK)


関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る