消えたマレーシア航空機370便発見なるか?「墜落を目撃した」と新証言!





本アトラスでも何度か報じているが、インドネシア航空370便消失のミステリーは21世紀でもまれな謎めいた事件として世界的に話題になっている。

未だに機体が見つからないこともあって、その動向や墜落した機体を様々な方法で探そうとする人も多い。

そんな中、マレーシア航空370便らしき飛行機が下降しているのを目撃したとされる男性が現れ、調査官に座標の情報を提供したという報告が寄せられた。




関連動画
Saksi kongsi kisah kejadian MH370

目撃したのはインドネシアの漁師Rusli Khusmin氏。彼によれば、漁をしていた時に漁船の乗組員とともに大きなジェット機が海に墜落した様子を目撃したと主張している。

「私は飛行機が左から右へ壊れた凧のように動いているのを見た」「騒音は発生せず、水に衝突して発生したのであろう火災と立ち上る黒い煙が確認できた」と彼は記者会見で言った。




Khusmin氏がなぜ今日まで証言を明らかにすることが無かったのかは解っていない。しかし、彼の証言と墜落したと思われる地点の座標を含むデータは当局に提供されたという。

彼の情報が消えたマレーシア航空機の謎を解決するのに役立つかどうかはまだわかっていない。だが、捜索と発見の手助けになれば幸いであろう。

関連記事
実はUFOにさらわれていた!?マレーシア航空370便消失事件のミステリー
消えたマレーシア航空機…カンボジアのジャングルで遂に発見!?

(勝木孝之 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

イメージ画像©PIXABAY

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る