この怪談を聞いた数日後、あなたの家に…現代妖怪【ババサレ】





 都市伝説の妖怪の中には、怪談を聞くことで妖怪や怪異が現れる、というタイプのものが存在する。

 とある怪談を耳にすると、夜中に訪れると言う老婆の妖怪がババサレである。地方によって呼び方に違いがあるらしく、「バーサレ」との名前で呼ばれている場合もある。

 「ババサレ」の明確な姿は伝わっていないが、一説には大きな釜を持った老婆の妖怪だと言われている。「ババサレ」の話を聞いた人の家には、数日以内にこの「ババサレ」が訪れ、うっかり招き入れると手にした鎌で斬りつけられ殺されてしまうと言われている。だが、ドアの外に人の気配や物音がした時に「ババサレ」と3回唱えると逃げていくとされている。

 「ババサレ」は近年になって噂された妖怪であるが、呪文を3回唱えて追い払う点などは日本に古来から伝わる魔除けの呪文にも繋がるため、非常に興味深い。




関連動画
ババサレ【怖い話】ここあちゃんねる おもちゃ話

他にも現在アトラスで収集している現代妖怪は次のようなものがある。「八尺さま」「めかぁ猫」「むしゃくるさま」「口裂け女」「ミカサ」「テンポポ様」「挑戦ババア」「ゴム人間」「コイヌマ様」「笑い女」「包丁さま」「顔野菜」「蓑坊主」「白ん坊」「ヒサル」「朽縄さま」「ムシリ」「とわとわさん」「隙間さん」「人面犬」「のどかみさま」「アカマネ」「ぐにゃぐにゃおばさん」「トイレの花子」「大根さん」「口裂けヨン様」「えんべさん」「ヒギョウさま」「ミヤウチさま「おっぺけ様」「ヒザマ」「福鼠」「やまけらし様」ヤマノケ」「嫌われ虫」「こだまさん」「つくし鬼」「サンコーさん」「さにゃつき」「クロスマさん「ワニ喰いワシ」つちおばけ」などである。

(山口敏太郎/田中尚 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

イメージ画像©PIXABAY




関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る