羽賀研二、再逮捕!若い世代から意外な声も…「早く出所してきて!」





2019年1月18日、沖縄県警は詐欺罪などで服役中の元タレント・羽賀研二(本名:當眞 美喜男)受刑者を強制執行妨害の疑いで逮捕したと発表した。

羽賀は2007年6月、知人の不動産会社社長から3億7000万円をだまし取った詐欺などの容疑で、2013年に懲役6年が決定。2019年内に出所の予定だったが、今回の容疑により服役の期間はさらに数年伸びる見通しであるという。

羽賀といえば、1994年には梅宮辰夫の娘である梅宮アンナとの交際が発覚したが、巨額の借金を抱えていたことに父・梅宮が激怒。羽賀のことを「稀代のワル」と言及した場面は当時のワイドショーなどで繰り返し放送された。




さて、そんな平成を代表する「超」お騒がせ男の羽賀だが、意外なことに20代~30代のなかには一定の「羽賀研二ファン」が存在し、今回の再逮捕を心の底からガッカリしている者も多いという。

若い世代の羽賀ファンは、羽賀が1993年に声の吹き替えをした、ディズニーのアニメ映画『アラジン』のファンであり、彼ら彼女らは幼少の頃に羽賀を好きになったことになる。

羽賀が逮捕された影響により、現在のアラジンは声優の三木眞一郎が新たに吹き替えをしているが、羽賀による初代のアラジンはディズニーファンから特に「かっこいい」と評判が高く、「アラジンの声は羽賀研二以外認めない」と語る熱狂的ファンは多いという。




また、羽賀は同時期に声の出演をした、人気ゲームソフト『ストリートファイター』の劇場版アニメ『ストリートファイターII MOVIE』での「ケン」もアラジン同様に人気が高いという。

そのため、主にアニメファンは羽賀に対して今も好意的な印象を抱いている者も多いらしく、「早く出所してきてアラジンの声をもう一度担当して欲しい」との声も少なくないようだ。 

今回の再逮捕により羽賀がいつ出所してくるかは今のところ不明であるが、彼らのような子供のころからの熱心なファンの声に応えるためにも、真面目に服役をすることが大事であろう。

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)

画像『アラジン スペシャル・エディション [DVD]

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る