炎上、ウケ狙い?わざと先生に殴らせた町田総合高校の生徒、氏名特定!





2019年1月15日、都立町田総合高校にて50代の男性教論が男子生徒に暴力を働くという事件が発生した。

ピアスをつけて登校した生徒に対して、男性教論が指導を行ったものの、生徒が聞き入れず、口論から暴力行為に及んでしまったようだ。

関連動画 TOKYO MX / YouTube
都立町田総合高校で教諭が生徒を殴る ネットに動画

ネットでは男性教論が生徒を右手で張り倒し、倒れた生徒の襟首を掴み引きづり廻す様子を撮影した動画が拡散され、騒ぎに拍車をかけている。




生徒は口の中を切ったものの軽傷であり、男性教論は生徒とその保護者に謝罪し、現在は出勤しているものの授業や部活動の指導からは外れている。

ここまで見ていくと、感情的になった男性教論の暴走で片付けられそうだが、真実は違うようだ。

殴られた生徒が仲間うちで示し合わせ意図的に炎上事件を起こした可能性があり得るのだ。




まず男性教論が生徒を殴った動画は三種類ある点だ。しかも、やや違う角度から3パターンである。まるで決定的シーンを取り逃がさないように3カメ体制だった点も不可解だ。また、突発的に起きた事件にも関わらず、殴る前から撮影を開始している。決定的なのは、動画の冒頭に「炎上させてやる」と撮影した人物の声が入っていたのだ。

筆者は以上の事から殴られた生徒と友人たちが意図的に男性教論を挑発し、暴力ジーンを撮影、ネット上で炎上させ、辞職に追いやるために仕組んだ悪巧みだと推測している。

確かに男性教論の暴力はいけない。しかし、ネット炎上を誘発し、先生をハメようとした可能性は否定出来ない。徹底的に調査して頂きたい。

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

イメージ画像©写真素材足成

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る