【業界の噂】「純烈」脱退の友井雄亮、今後サポートメンバーとして活動!?





2018年末の『紅白歌合戦』に出演した「純烈」が、窮地に立たされている。

先週1月10日発売の『週刊文春』は純烈の元メンバー、友井雄亮が10年前に交際していた複数の女性に対し暴力行為を行っていたほかにも、銀行口座から3000万円を勝手に引き出し、馬券の購入費に充てていた問題などが報道された。このことから、友井はそれら騒動の責任を取る形で1月11日をもって純烈から脱退となった。

関連記事

純烈・友井DV問題で「乙武さんはDV出来ない」古市が身体障害者へ差別発言






紅白出場からわずか11日目でメンバー脱退という事態に陥った今、有志の間では友井復帰のための署名活動や呼びかけが行われている。また友井の過去の経歴に関しても、ジャニーズ事務所所属のアイドルだった、同じ東映特撮番組に出演していた女優と結婚していたという過去もあり、こちらも改めて世間から注目を集め始めている。

さて、芸能界を引退した今後の友井であるが、一部の噂によると、今後は純烈の正式メンバーではなく、振り付けなどを担当する裏方のサポートメンバーのような形で純烈に関わっていくのではないかとの噂があるようだ。

友井は元ジャニーズアイドルという経歴もあり、そのダンステクニックが玄人筋からも注目されていて、今まで純烈に於いては振り付け師の役目も担っていたことで、今回の突然の脱退は、今後の純烈にとって痛手になることは間違いない。




そのため、芸能界の表舞台への復帰は難しいが、裏方のひとりとして純烈を支えていく可能性は十分にあると考えられる。ただし、酒井一圭リーダーの元、まずは各メンバーの意見を伺い、改めてグループ内での更生プランを考察するのではないかという噂もある。

昨年の2018年は、平均年齢40歳という遅咲きながら紅白初出場を決め「中年の星」となった純烈。今回のような大きな間違いこそあったが、彼らの「伝説」は紅白だけではないことを今後も見せつけて欲しいところである。

≪こんな記事も読まれています≫
マルチタレントLiLiCo、純烈・小田井と既に結婚!きっかけは「ノンストップ」

(パンダ・レッサーパン・ダグラフ ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像『純烈コンサート 〜夢は紅白! 親孝行! 〜 [DVD]

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る