新たなUMA出現か!?イリノイ州で2mを超す巨大ナナフシが目撃される!





巨大な未確認生物は多々あるが、これまでにいそうでいなかった巨大な未確認生物の目撃情報がアメリカはイリノイ州からもたらされた。

マディソン郡在住のある男性が、先週19日水曜日に体長7フィート(約2.1メートル)はある巨大なナナフシを目撃したと証言しているのだ。

目撃当時は午前3時とまだ暗い時間で、帰宅するために高速道路を車で走っていた時だったという。ヘッドライトに照らされた右側から奇妙な生物が姿を現し、道路を横切っていく様子を目の当たりにして驚いたのだそうだ。それっは4本の足を持つ巨大な杖のように見える生物で、改めて思い出してみたところ昆虫のナナフシに似た姿をしていたという。




ヘッドライトが照らしていたあたりをその生物が走り抜ける直前、頭部は彼の車のほうを向いており、「まるで自分を見ているようだった」と述べている。

なお、問題の生物は全身が赤く、それぞれの足はわずかに地面から上がっていたようにも見えたそうだ。

関連動画
Giant Stick Insect Amazing Beautiful Nature






現在生息している世界最大の昆虫は中国の巨大なナナフシ「フリーガニストリア・チャイネンシス・ツァオ」。最大サイズはなんと62センチ、ギネス世界記録に登録されたこともある。しかしさすがに1mを超える大きさのものは存在していない。

昆虫が巨大に成長できない理由としては、外骨格が原因であるという説もあるが、酸素濃度が関連しているという説も存在している。しかしそれでもこれほどまでの大きさのものは確認できておらず、この巨大昆虫の正体については多くの未確認生物研究家が検討しているという。

(加藤史規 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©leokimvideo/YouTube

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る