亡き住職夫妻の顔が寺のカヤの木に浮かび上がる不思議・茨城県取手市





 茨城県取手市永福寺には少し変わった奉納額が存在している。

 1968年、永福寺に植わっていたカヤの木が霊園造成工事の関係上、切り倒された。その後カヤの木は板に加工され一般住宅に仕様されたのだが、民家に使用されたうちの一枚に人の顔のようなものが浮かびあがったのだ。

 浮かびあがった顔を見た住職は愕然とした。1954年に亡くなった先代住職の顔にそっくりだったのだ。




 先代住職は戦時中、カヤの実を食べ、カヤの油で苦難の日々を乗り越えたという。亡くなった先代住職の魂は自分の命をすくってくれたカヤの木と同化してしまったのだろうか。このカヤの木の板は額装され、永福寺に奉納された。

 さらに1990年には、先代住職の顔が浮かび上がった板の裏側に別の顔らしきものが浮かびあがった。驚くべきことにこの顔は、1945年に亡くなった現在の住職の実母、つまり先代住職の奥さんの若い頃の顔にそっくりだったのだ。

 一枚の木の板の表と裏で模様が違ってくる事は珍しく、またそれぞれ浮かび上がった顔が夫婦に似ているというのは極めて稀なことであるといえるだろう。

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

イメージ画像©PIXABAY




関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る