17世紀ドイツを騒がせた謎多き魔術結社「薔薇十字団」





17世紀初頭のドイツで奇妙な秘密結社が話題になった。

1614年、「クリスチャン・ローゼンクロイツの科学の結婚」「友愛団の名声」「友愛団の告白」の3冊でいずれも著者は不明。しかしそこには14世紀の魔術師ローゼンクロイツの生涯と、彼が得た魔術の数々、彼のもとに結成された「薔薇十字会」について書かれていたのである。

薔薇十字団はローゼンクロイツが身につけた叡知を伝えていくもので、無料で病人を癒すことや年一度の例会、存在を120年間は明かしてはならないことなど6つの誓約が定められていたという。




前述の書籍によれば、ローゼンクロイツは錬金術と白魔術の奥義を体得して不老不死すら実現したという。そこで当時の富裕層や知識人らは薔薇十字団へ入団しようとしたが、入団方法は勿論本部の位置や活動内容さえも解らないものだったため、断念する人が大半だったそうだ。

一方で、現代でも薔薇十字団の名前を受け継いで活動している組織も存在している。幻想に満ちた魔術結社、薔薇十字団の系譜は今でも残っているのかもしれない。

(田中尚 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©The Temple of the Rose Cross, Teophilus Schweighardt Constantiens, 1618. wikioedia




関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る