羽衣伝説と白鳥





羽衣伝説は、世界各地に分布している有名な物語であるが、地域により内容が異なっている。

日本で最も有名な羽衣伝説は静岡県の三保松原に伝わるもので、能楽や唄に詠まれるなど奈良時代の頃から親しまれている。それでは、三保松原に伝わる羽衣伝説を紹介しよう。

羽衣伝説

【昔、漁夫の白龍が三保の松原で漁をしていると、虚空より花が降り音楽が聞こえ妙な香りが立ち込めてきました。不思議に思い辺りを見渡すと、松の木に美しい羽衣が掛かっていました。

白龍が羽衣を取って帰ろうとすると、どこからともなく天女が現れ、「それは私のものだから返して欲しい」と言いました。白龍は「天人の物であるならば、国の宝として地上に置いておくべきだ」と言って返そうとしません。天女は「羽衣がなければ飛ぶことができず、天上に帰ることができません」と嘆き悲しみました。

白龍はその姿を見て痛々しく思い、天人の舞を見せることを条件に羽衣を返すと約束しました。天女は「羽衣を着ないと舞えないので、先に羽衣を返して欲しい」と言いました。白龍は「先に羽衣を渡せば舞を舞わずに帰るつもりであろう」と告げると、天女から「そのような疑いは人間界のものであり、天に偽りはない」と諭されました。

白龍は恥ずかしいことを言ってしまったと思い、羽衣を天女に返しました。天女は喜んで羽衣を着て舞い始め、それに合わせて、しょうの笛や琴の音なども聞こえてきて、天女の舞う姿はまるで、雨に濡れた花のような美しさでした。天女は、月宮殿では舞の奉仕をする乙女の一人であることを明かし、この舞が後世の東遊びの駿河舞になることを告げると、十五夜の空に輝く満月のように宙に舞い踊り、様々な宝物を降らしながら天空の霞の中に姿を消して行きました。】

各地で伝えられる羽衣伝説の中には、天女が白鳥と同一視されている場合があり、

『湖水に白鳥が舞い降りて水浴びをしているときに人間の女性へと姿を変え、女性の美しさに心を奪われた老人が女性を天に帰すまいとして、羽衣を隠してしまう・・・』

といった物語もある。




羽衣伝説には様々な類型の物語があり、白鳥には北欧神話に登場する、浄化作用があり、あらゆるものを白くしてしまう(カルマを浄化する)ウルズの泉に由縁しているとの説があることから、

『天女の化身である白鳥の羽衣を盗んだ漁夫が天女と相思相愛になり、漁夫はウルズの泉に入ることにより羽衣を盗んだ罪が清められて、天女と同じ白鳥となり、めでたく天女と結ばれて幸せに暮らしました。』

といった物語を筆者は考えてみたのだが、千葉氏や南条氏、菅原道真や察度王などにみられる貴人の出生について語られている羽衣伝説も多数存在しているので、読者の皆様もご自身などの新しい羽衣伝説を創ってみては面白いのではないだろうか?

三保松原

世界文化遺産の構成資産に登録されており、静岡県中部・静岡市南東部の三保半島のうち駿河湾に臨む海岸を指す。約7キロメートルの海岸に渡り、約3万本の松の木が生い茂る日本の景勝地で、その美しさから日本新三景、日本三大松原のひとつとされ、国の名勝に指定されている。






御穂(みほ)神社

神社境内と参道は三保松原の範囲に含まれており、神頭から約520メートルある参道は神の道と呼ばれ、樹齢300年から400年ほどの松並木となっている。

国指定重要文化財:太刀(無銘)
静岡市指定重要有形文化財:本殿:御簾 2張
その他:羽衣の裂(羽衣伝説の羽衣の一片と伝えられる):羽衣の笛:三保古絵図:三保社記:他
住所:静岡県静岡市清水区三保1073

羽車神社

御穂神社の離宮

二代目羽衣の松の隣に鎮座しており、羽車に乗って羽衣の松に降臨した神様は、神の道を通って御穂神社に渡ると伝えられる。

参考:三保松原案内板・各縁起、神の道(参道)各案内板、御穂神社案内板、籠になった竹取物語、ウィキペディア

「天女さま 天人の舞 花模様 まるで今宵の お百さんかな」 詠み人 前世滝沢馬琴 ※お百は滝沢(曲亭)馬琴の妻

(前世滝沢馬琴 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る