嘘が流言となり真実に…ヒロミが堺正章に干された?千秋が遠藤を捨てた理由?





一部の週刊誌や新聞が報道する芸能情報は嘘であることが多い。しかし、その嘘がウワサとなって広がっていき、流言となると次第にそれが真実だと誤解されるようになる。

嘘が本当になる瞬間である。

2018年12月23日、フジテレビ系列で放送された「ワイドナショー」にてタレントの千秋ヒロミが興味深いエピソードを披露した。




ココリコ遠藤と離婚した千秋が、離婚した直後にとある番組に出演し、離婚理由を説明した。「目の大きい子供ができたから、もう遠藤さんは用済み」とネタっぽく説明をしてしまった。ブラックジョークのつもりだったが、ネットニュースなどで拡散され、それがまるで事実であるかのように広がってしまった。そのうち何年も経つと、千秋自身が「(自分が)離婚した理由はこれだったのか」と思い込むようになったという。

また、タレントのヒロミも芸能活動を休んでた時期に、堺正章の逆鱗に触れてしまい芸能界を干されたと噂を流されてしまった。そのうちそれが素人だけではなく、業界関係者も信じるようになってしまい、大変困惑してしまったと言う。ちなみに干したと言われる堺は「俺にそんな力があるのならば、干したい奴は芸能界に2~3人いる」と冗談ぽく語っていたと言う。

嘘も年月が経つとまるで真実のようになってしまうのだろう。大変興味深い話だ。

(松田ケン ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

イメージ画像©写真素材足成




関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る