「ゴブリン」は邪悪な小人か…それともイタズラ好きな妖精なのか…





 『ゴブリン』は、ヨーロッパの民話やファンタジー映画やファンタジー作品にたびたび出てくる小悪党のような妖精だ。現在の深夜アニメでもゴブリンを冠した名称の作品が出てくるが、実際のゴブリンに関しては様々な伝説が存在している。

 そもそもゴブリンの伝説が残る地域は非常に広く、イギリス諸島、北西部ヨーロッパ、スカンジナビア、米国という実に広範囲にわたる。

 鉱山や洞窟の中に住まいがあると言われ、体つきは小柄であり、大きくなってもせいぜい体長が30cm程度が限界である。非常に欲が深く、金と宝石のためならなんでもやってしまう。基本的に邪悪な性質であり、人間に悪意をもって接してくる場合が多い。




 いっぽうで、ふざけていたずらをすることも多い妖精だが、邪悪ではなく憎めない存在だという伝説もあり、広く語り継がれている妖精なだけあって地域で見せる顔が違うと言えるだろう。

 ドイツの悪戯妖精『コボルト』は、『ゴブリン』に近いという指摘もある。また『ノーム』や『ドワーフ』も性質が近いという意見も多い。いずれも坑道に姿を現すと言われている妖精なので、坑道の暗がりから生まれた妖精たちなのかもしれない。




 さて、創作や伝説の世界の住人であるように思える『ゴブリン』だが、今でも実際に彼らの被害に遭ったという報告は今でもなされている。AllAfrica.comの報道によると、2012年アフリカのジンバブエにある病院がゴブリンの集団に襲撃され、同年11月に閉鎖に追い込まれたという。また、ジンバブエの南マタベレレンド州にある小学校および中学校もゴブリンのいやがらせで子供たちが登校拒否に追い込まれ、廃校となったそうだ。

 その背景には土着の信仰と彼らの間で今でも信じられている魔術の存在があるとみられている。

(山口敏太郎/田中尚 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

イメージ画像©PIXABAY

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る