空を飛行するB-2の様子が確認!アメリカ国内で囁かれる開戦の噂…





こちらはアメリカはネブラスカ州オマハのハイウェイを走行していた人物が撮影した動画である。車が行き交う高速道路上空を横切っていく飛行機が写っているが、普通の飛行機に比べてだいぶ薄い形状をしているようだ。

関連動画
(B-2 Bomber?) Unusual Aircraft in Broad Daylight over Omaha Nebraska 2018

こちらの動画に撮影されたものはUFO…ではなく、米軍のステルス戦略爆撃機B-2であると見られている。全翼機であるB-2はその特徴的な形状のため、角度によってはとても飛行機とは思えないような形状に見えることもあるのだ。




さて、このB-2は高いステルス性と長い航続距離を誇り、最大22秒間に80発の爆撃が可能となっている。1999年のコソボ紛争や2011年のリビア内戦に投入されたり2017年にもISIS軍事訓練キャンプを空爆している。他の戦闘機に比べてあまり実戦投入される機会は少ないが、確実性を求められる現場に投入されているとも言える。

そんなアメリカでは今年初め、イランの軍隊および現政権を短時間で制圧するため、米軍が近いうちにB-2爆撃機を使用する可能性が高いという説が出てきていた。アメリカと北朝鮮との関係が冷えきっていた時にも囁かれたが、これは1月に2カ国間の緊張がある程度緩和された事で回避されたと見られていた。




B-2爆撃機はその導入にかかる手間や費用の関係もあって、アメリカ国内でもそうそうお目にかかる事はない戦闘機でもある。そんなB-2爆撃機の姿が確認できたということは、もしかすると近いうちにアメリカ軍が何かしらの行動に出るのではないか…そんな噂が今アメリカ国内で広まっているのだそうだ。

2018年もあと1ヶ月を切った現在、アメリカは何が起きようとしているのだろうか。

(飯山俊樹 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©PIXABAY

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る