M-1グランプリ、DJ KOO驚異の的中率に巷が騒然…超能力者説も囁かれる!





2018年12月2日、毎年恒例の漫才日本一を決める大会『M-1グランプリ2018』がテレビ朝日系列で放送された。

厳正な審査の結果、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の「霜降り明星」が見事グランプリに輝いた。今年のM-1はジャルジャルやミキといった優勝候補の実力者が多く並ぶ中で、平成生まれの霜降り明星が先輩達を抑えて見事、史上最年少のグランプリとなった。

一方で、今回のM-1グランプリでは優勝した霜降り明星と共にM-1の優勝候補予想を行ったミュージシャン・DJKOOの「炯眼ぶり」も注目されたようだ。

関連記事

”イイ人”みやぞんの善人ぶりに「怖い」「詐欺にあいそう」と心配の声!






DJKOOは某WEBサイトで今回のM-1の優勝候補の予想を大会前に行い、「優勝:霜降り明星、2位:和牛、3位:ジャルジャル」と見事、三連単の的中していたのである。さらに「爪あと残しそうな」という項目では、「キムタクと中島みゆきの合体」という強烈ネタを披露した「トム・ブラウン」の名前を出していて、まさに「パーフェクト」といって差し支えない予想内容だった。

このDJKOOの予想に対しSNSなどでは「DJKOO千里眼説」、「DJKOOの予言」などと話題になっているが、実は今回のトム・ブラウンの予想に関しては超能力的なものではなく「努力の賜物」と見ることもできるという。




DJKOOは自身がミュージシャンであることから、バラエティ番組に呼ばれる際は、ロケ地や共演者の予習勉強を日夜欠かさず行っている。このことからもわかるように、お笑い芸人の知識に関しては業界でもトップクラスの情報の持ち主なのだという。今回の順位予想も、とりわけ勘や超能力などではなく、DJKOOがこれまでリサーチしてきた豊富な知識と分析力に裏付けされたものらしいのである。

もしかして、この情報量を武器に、来年2019年の「M-1グランプリ」はDJKOOが審査員席に座っている……かもしれない?

(文:江戸前ライダー 山口敏太郎事務所 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像『DJ KOO CLUB MIX -PARTY HITS MEGAMIX 2-




関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る