【怪談】学校に来た霊?「昭和初期でもいいですか?」





これも筆者がゲスト出演した、2018年11月23日に文化放送の「大竹まことのゴールデンラジオ」で紹介された話である。

ある方がとある学校の寮監をやっていた。泊まり込んでいると、夜中によくノックされる。

そのノックの主は生徒の場合もあるが、戸を開けても誰もいないこともあった。

また、何故か宿直室の押入れの戸を開けて寝ないとよく不思議が事が起こったという。




ある夜、夢の中で議論をしていると、夢の中の登場人物ではない声で「昭和初期でもいいですか?」という声が聞こえた。

翌朝、亡くなった昭和初期の卒業生の身内から電話があり「葬儀用に故人の人生のVTRを作りたいので卒業証明書は頂けますか?」といわれたという。

≪こんな記事も読まれています≫
【ゆめこの実話都市伝説】美少女ばかり排出する学校
れっきとした「学校の怪談」妖怪です!男子トイレに出る「ヨースケ君」

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

イメージ画像©写真素材足成




関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る