赤木春恵の枕元に親友の森光子が立った…「お迎え現象」だった!?





バイプレーヤーとして人気を集めた女優の赤木春恵が死去した。彼女の死を悼む声があちこちからあがっている。

関連記事

赤木春恵と福山雅治の心温まる交流!パーキンソン病と闘う心の支えになった

赤木の娘が記者会見を行ったが、その中で興味深い話が披露された。

赤木が亡くなる一ケ月前の10月末に親友の森光子枕元に立ったというのだ。




6年前にこの世を去った森は、赤木の枕元に立つと塩を吹く魚について話をしたという。実は以前、赤木は森と一緒にハワイに旅行し、鯨ウォッチングをしたことがあったらしい。

人間が臨終を迎える時に、生前親しかった人物や肉親が迎えに来るといわれているが、戦前から共に活躍していた女優仲間の森が迎えに来たのであろうか。

なんとも不思議な話だ。

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

イメージ画像©PIXABAY




関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る