深夜の作業場、飛び交う無数のオーブ!!!!





こちらはある作業場に設置された監視カメラが捉えていた映像だ。

作業場にはフォークリフトが保管されている様子が映し出されている。

だが、誰もいない深夜の作業場で、やがて白く小さな発光体らしきものが乱舞しはじめるのだ。そのいくつかは空気中で一度停止し、少し移動して消えるように見える。




そしてフォークリフトの後ろにひときわ大きな白い物体が現れ、床を横切るように移動してから消えてしまう。

関連動画
Active Spirit Portal In A Texas Workshop

この映像はカメラが設置されていた作業場のオーナーがネット上に公開し、オカルト系YoutubeチャンネルのThe Hidden Underbelly 2.0が共有して話題になった。




視聴者らからは、「動きが途中で止まって向きを変えるのが分かるので、ほこり等ではないように見える。しかし虫である可能性も捨てきれない。だが、最後の大きな半透明の物体に関しては説明がつかない」との声が上がっている。

心霊写真では今回のような発光体をオーブと呼ぶが、今回は正しくオーブの飛び交う様子が映ってしまたったのだろうか。

ちなみに撮影当初から映っていた小さなオーブについては、雨や雪である可能性が指摘されている点についても付け加えておきたい。

(加藤史規 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©The Hidden Underbelly 2.0/YouTube

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る