ノアの方舟はイランの山に流れ着いていた!?衝撃の発表が・・・





聖書の中に登場するノアの方舟。

その方舟はイランの山の頂上に流れ着いており、実際にその遺構である木片を発見したと聖書学者のグループが主張し話題になっている。

ノアの方舟は、神に選ばれた人間ノアとその家族と動物たちが世界を覆った大洪水から逃れるために、神によって建造するよう命じられたもの。

この大洪水の反駁できない証拠が発見されれば、人間の歴史に関する常識がひっくり返るとして、検証している人も多いのだ。しかし、今のところ聖書に記された出来事が起こった天変地異や大惨事の証拠となる物証は出ていない。




だが、この度イランの山の頂上にて、「ノアの箱舟のおおよその大きさに合った13,120フィート」の痕跡と物証を発見したという発表がされた。

関連動画
イランはノアの箱舟の遺跡を発見した

聖書考古学者ボブ・コーヌケ氏は、彼の探検隊がノアの箱舟の遺跡に似ている約400フィートの長い物体を発見したと主張している。コーヌケ氏は巨大な木造梁のように見える岩盤層の写真を提供し、構造が木製の船の船体に似ていると説明。




聖書に記されている地域はトルコのアララト山を指すと考えられていたが、実際は古代バビロンの山岳地帯を指しているとしている。

果たして、この地から本当に方舟は出てくるのか。コーヌケ氏らの研究チームは聖書の記述を精査しながら調査を続けていく予定だという。

関連記事
「ノアの方舟」実在した!?トルコのアララト山に存在する謎の「舟型地形」

(田中尚 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©Misterios Reales/YouTube

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る