【木村拓哉の心霊体験】「伊豆の踊り子」撮影現場に子供の霊が…





かつて木村拓哉は、テレビ東京で「伊豆の踊り子」(1993年)というドラマに出演した。

ロケ先で旅館の個室をあてがわれ、翌日からの撮影に備え早めに就寝していると、廊下から人が走り回る足音が聞こえた。

「タッダッタッタッ」

(明日早いから、どうなっても知らねえぞ)

と木村が思っていると、足音がどうも自分の部屋から聞こえる。木村が寝ている布団の周りをぐるぐると走り出した。

「タッダッタッタッ」

(おいおい、いくらなんでも俺の部屋に入って、走りまわるのはまずいだろう)




そう思って目を開けると誰もいない。

(あれっ?)

呆然とした木村が何気なく窓を見ると、着物を着たイガグリ頭の男の子が窓の外に立っている。

(ああドラマが昭和初期の設定だから、仕方ないか)

と一瞬思ったが、この旅館は崖の上に立っており、木村の部屋は二階だった。

(そんな馬鹿な・・・)

急いで窓のところまで行ってカーテンを全開にし、窓も開けて確認したが当然誰もいない。

(俺は見てはいけないものを、見てしまったのか)

そう思ったという。




翌日、撮影現場に入ると照明さんが、

「昨日何かあったと思うけど、塩でも舐めて」

と言って塩を出してきた。

(なんで何も言ってないのにわかったんだろう)

と木村がそう思っていると、照明さんかポツリと言った。

「ずっと後ろにいるから」

≪こんな記事も読まれています≫
Koki,が木村拓哉とのツーショット公開!「お父さんの娘に生まれてよかった」
木村拓哉&工藤静香、アン・ルイスの家で出会い結婚!?息子・美勇士が証言

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

イメージ画像©写真素材足成




関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る