11月22日に首都圏直下型地震が発生!?デマ拡散中、2017年にも同じ噂が…





現在、ネットを中心に不気味な噂が広がっている。

噂によると、2018年11月22日首都圏直下型の地震が発生するというのだ。もちろんこれは科学的データに基づいた地震予測ではない。単なるネット上のフォークロアである。

アトラスでも報じたように、1ヵ月先の未来からタイムトラベルしてきた「1ヵ月先の未来人」が11月22日から25日にかけて日本で大地震が起こると予言している。もちろんこれも根拠のない噂に過ぎない。




陰謀論者によると闇の組織はゾロ目が好きだと言うことで、11月22日を「地震を起こす日」に設定したのだと言う。ありがちな陰謀論である。

この11月22日の地震予言は、2017年11月22日にも流れており、昨年に続き2回目である。

このように11月22日の予言が、まことしやかに語られる理由は、実際に2016年11月22日5時59分に福島沖合を震源としたマグニチュード7.4の地震が発生しているからだ。当然これも偶然に過ぎない。




アトラスオカルトチームが常に訴えている事だが、このように人々を不安に陥れる予言は好ましくない。単なる都市伝説に過ぎないという冷静なスタンスが必要ではないだろうか。

関連記事
1900年前、後漢の張衡が500キロ先の地震を感知する地震計を作っていた!?
「地震が起こる前に謎の音が聞こえる!」という現象

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

イメージ画像©PIXABAY

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る