日産ゴーン会長逮捕!その背後に安倍内閣…またはフランス政府の陰謀が!?





日産自動車を立て直した功労者であるカルロス・ゴーン会長(64歳)が逮捕された。

ゴーン会長は一緒に逮捕されたグレッグ・ケリー代表取締役と共に実際に得た報酬額よりも少ない金額を有価証券報告書に記載した疑いをもたれている。

関連動画
豪邸生活から3畳の単独室 ゴーン容疑者の生活は(18/11/21)(18/11/19)






この重大事件に関して、様々な陰謀論が早くも広がっている。

安倍晋三首相による陰謀であるといういつものお馬鹿陰謀論も広がっている。つまり、安倍内閣が不始末を起こし、それから国民の目をそらさせるために逮捕劇を演出したという頭の悪い陰謀論である。

エマニュエル・マクロン仏大統領による陰謀だと言う説も広がっている。マクロン大統領は、日産の生産工場をフランス国内に移転させ、ルノーによる日産の完全合併を狙っており、それに反対の意を唱えたゴーン会長をハメたというものだ。




また、日産自動車生え抜きグループのクーデターと言う説も囁かれている。ゴーン会長を失脚させ、その後、一気に株式を増資させ、ルノーの影響力を弱めるのが狙いだという。

果たしてこの陰謀論、少しぐらいは真実は含まれているのであろうか・・・。ただの陰謀論と切り捨てるのは早いが、背後には何やら闇があるような気がする。

≪こんな記事も読まれています≫
沖縄選挙に関する陰謀論、安倍内閣の人工台風、不正選挙というデマ
北海道地震は人工地震だった!?地震で湧いたデマ、陰謀論

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

イメージ画像©PIXABAY




関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る