何でも欲しい物が手に入る「魔女の呪文」が実在する





何でも欲しい物が手に入る「魔女の呪文」。そんな物が本当にあるのか?と思うが、今回お伝えしたい。

それは「私、来月誕生日なの」である。また、季節を絡めた言葉として「来月クリスマスね」というのもある。

これだけ聞くとただの笑い話だが、実際に外車やマンションを貰ったなどと聞くと笑い話でなくなってくる。ただし、事前にこの事を知っておけば耐性が付いて、無駄な出費が無くなるので是非覚えておいて欲しい。

ちなみに筆者はプラチナダイヤのネックレスをこの呪文でプレゼントした事がある。やられたとか、騙されたとかは全く思ってない。




将に魔女の呪文である。

魔女と言えば中世が思い浮かぶ。当時の王様や領主が若い娘にこういった言葉で釣られ、宝石などプレゼントしたのだろう。若い娘に家宝や宝石を持っていかれたとなると、流石に正妃や親戚一同が黙っていない。

そこで王様は「魔女の呪文にやられた。」と言い訳して、これが現代に魔女の伝説として残っているのかもしれない。




最近のニュースでは現代らしく、婚活アプリを使った事例もある。

関連ニュース
婚活アプリ悪用、高額宝飾品買わせる

結婚など約束してれば結婚詐欺で逮捕できるが、誕生日の会話だけだと単なるプレゼントで立件が難しくなる。誕生日やクリスマス、七夕前にはくれぐれも「魔女の呪文」には気を付けて欲しい。

(桜木ヒロキ ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

イメージ画像©PIXABAY

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る