飼い犬が吠えたのは「幽霊になって会いに来た友人」だった!?





動物は人間より感覚が鋭いため、人間より早く幽霊などを察知すると言われている。霊体験で、何もいない場所を見つめる飼い猫や虚空に吠える飼い犬の話もよく聞く話である。

今回紹介するのはカナダのオンタリオ州在住の女性の事例だ。

彼女はある日、急に飼い犬が玄関のドアに向かって吠えている様子を目の当たりにした。来客かとも思ったが、外には誰もいない。困惑した彼女は防犯用の監視カメラの映像を確認してみたところ、不可解な現象が捉えられていたのに気づいたのである。




動画には、奇妙な半透明の物体が家のポーチから正面玄関に向かって移動している様子が捉えられていた。まるで幽霊のようなその物体は、ポーチで立ち止まる前に監視カメラのすぐ前で一度立ち止まる。

関連動画
Doorbell camera spots ‘GHOST’ outside house!

この監視カメラ映像はモーション・アクティブセンサーが設置されたドアの呼び鈴によるもの。来客など、何らかの動きがない限りカメラは作動しない仕組みになっている。




一部の人々からは、この影が猫やアライグマやリスによるものではないかとする意見が出ているが、影は地面から4フィート離れているところにあるため、動物には不可能ではないかとする意見もある。

また、問題の影がビニール袋などである可能性を示唆する人もいるが、それならば飼い犬が吠えたりするはずはないと女性は語っている。

彼女はこの影の正体について心当たりがあるという。彼女の友人の中に急死してしまった女性がおり、その友人は亡くなる直前に彼女のポーチにベンチを贈ってくれたのだという。亡くなった友人が彼女の様子を見に訪れたのだろうか?

(加藤史規 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Daily Mail/pen News/YouTube

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る