NHK紅白歌合戦、防弾少年団問題でヤバイTシャツ屋さんとばっちり落選!?





2018年大晦日の紅白歌合戦に出場する歌手が発表になった。初出場する者や落選する者など明暗が分かれた感じだ。

落選組で目立ったのが和田アキ子とTOKIOである。和田アキ子はボーイズ・アンド・メンと一緒にヒットを飛ばしたものの、NHKへの批判が問題視され出場は見送られた。TOKIOとしては山口達也問題が影響して落選と言う形になってしまった。




また、出場確実といわれたものの落選してしまったのがヤバイTシャツ屋さんである。

落選した理由はいくつかある。有力な説では、防弾少年団による原爆万歳Tシャツ問題の余波を受けてしまい「やばいTシャツと言う言葉は原爆万歳Tシャツ思い出すからダメだ」と上層部が判断したと噂が流れている。

また、活動を再開した、いきものがかりがトリを務めるのではないかと言う業界内の噂がある。

いきものがかりは「ゲゲゲの女房」のテーマソングを歌ったり、オリンピックのテーマソングを歌ったりしている。彼女たちが大抜擢でトリを務める可能性は十分にあるだろう。

(中村昭代 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像『超いきものばかり~てんねん記念メンバーズBESTセレクション~(初回生産限定盤)(4CD)




関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る