関根勤の前にニセモノの娘・麻里が現れた……!?





芸能人の偽者が現れたという事件は度々耳にする。

アトラスではよゐこ・濱口優のニセモノ、ニセのボブ・ディラン(Bob Dylan)、戦争で戦死したはずの歌手・上原敏になり澄ました男などを紹介してきた。

関連記事

【欝憤】「深田恭子結婚」は誤報!なりすましアカウントの虚言!!

とかく有名人は偽者が出やすい。有名な事件では関根勤が体験した娘の関根麻里ニセモノ事件であろう。




ある時、某番組で麻里がデビューすることが決まった。父親の関根はその番組のスタジオ収録に参加することなった。関根が楽屋で準備をしていると、

「こんにちは。こんにちは。関根麻里です」

という元気な声がスタジオ内で聞こえた。

(あれ、今日は麻里がスタジオに来るなんて聞いてないなぁ。でも初めてだから事務所も挨拶に行けと指示を出したのかな?)

と思っていたという。その後、関根がスタジオに入ると見ず知らずの女が自分を麻里と騙って次々にスタッフへと挨拶している。

「えっ?」

関根が唖然としていると、その女と目が合った途端……

「お父さ~ん」

と言いながら駆け寄って来た。




関根は心底怖くなり警備員を呼んで、その女を外に連れ出してもらった。

どうやら女は関根の娘・麻里がデビューするというニュースを読み、自分を関根麻里だと思い込んでしまい、スタジオになりすまして潜り込んでしまった。まだデビュー前で麻里の顔もわからない警備としてはそのまま女を入れてしまったというのが真相だったらしい。

あまりにも怖い話である。

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像『ありがとう(初回限定盤)

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る