次も文春砲第二弾炸裂する…「イッテQ」やらせ疑惑が他の祭りにもある!?





様々なスキャンダルをスクープする週刊文春。業界では文春砲と呼ばれており、政界から芸能界まで多くの人間からひどく恐れられている。

今回犠牲になったのは日本テレビ系列で放送している人気番組「世界の果てまでイッテQ!」であった。

今年5月20日に放送(収録は4月8日)したラオスの「橋まつり」が存在しない架空の祭りだと報道されたのだ。




芸人の宮川大輔が世界各地の奇妙な祭りやとんでもない祭りに参加するコーナーが人気となっているが、毎回毎回よくもこんなに珍しい祭りを見つけるものだと思っていた。まさか番組の撮影用に架空の祭りをデッチ上げるとは……。

ただし、この週刊文春の報道に対して、日本テレビ側は異議を唱えている。

毎年毎年開催されていると表現をしてしまったが、撮影時が第一回の祭りだったと反論したのだ。




現場ではそれっきり「橋まつり」は開催されておらず、説得力のある反論とは言い難い。あくまで噂レベルの話と前置きするが、すでに「他の祭りもデッチ上げだ」と言う証拠集めを週刊文春編集部がしているといわれている。

果たしてこのバトルいかなる結末になるであろうか。

≪こんな記事も読まれています≫
吉澤ひとみの夫、悲鳴…嫁逮捕で母親自殺未遂!?文春取材のヤリ方に疑問符
週刊文春など気にしない!今も生きていたら芸能界で最も奔放な男、丹波哲郎

(小山田まゆみ ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像『世界の果てまでイッテQ! 宮川大輔のワッショイお祭り紀行

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る