【都市伝説】テレ朝キャラ「ゴーちゃん。」股間に映ってはイケないモノが…

画像©ゴーちゃん。サイト|テレビ朝日 公式ウェブサイトより




ゆるキャラ「ちぃたん☆」やNHK人気番組の『チコちゃんに叱られる!』の「チコちゃん」など、たびたび「中の人」が話題になる着ぐるみキャラクター。そんな着ぐるみ業界にまたもや、なんとも「モヤモヤ」する出来事が発生した。

11月5日、テレビ朝日の公式マスコット、パンダの「ゴーちゃん。」が自身のTwitterにて「疑惑の写真」を公開した。

ゴーちゃん。は現在、犬型ロボットのaiboと共同生活を行う企画を行っていて、この日の21時頃、ゴーちゃん。は海外での仕事を終えてから、aiboと戯れている写真をアップした。






ところがこの写真、本来なら映ってはいけないゴーちゃん。の中身が露出、股の接続部分から完全に丸出してしまっていたのだ。

その後、ゴーちゃん。は「さっきの写真、ボクがアレな感じという指摘をうけたので、一応モザイクかけとくブイ!」と改めて、股の部分にモザイクをかけた写真をアップ。

確かに中身は気にならなくなった気がするが、それはそれで「なおさら疑惑」の一枚となってしまい、ファンから「余計に怪しい」「悪化している気がする」とのツッコミが相次いだ。




なお、ゴーちゃん。の股の接続部分は、ファンいわく「パンツ」と呼ばれていて、着ぐるみの構造上、仕方なくできてしまうものでらしい。多くの着ぐるみはこのパンツ部分を隠すために下半身を大きなスカート状にしたり、上半身と下半身のつなぎ目を無くすなど、製作者の苦労が良くわかる重要部分であるという。

今回のゴーちゃん。の大胆なチラリズムは、そんな着ぐるみ製作者の努力と企業秘密が垣間見えたマニア垂涎のショットだったのかもしれない。

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る