【異常事態】「このコをお願い…」色仕掛けで出世を願う極悪鬼母

芸能界では自分の子供をマネージメントするステージママは昭和の時代から多く存在する。

特に子役の時代から芸能界で活動するタレントに対し、最初は仕事現場まで連れてくる保護者としての役目が、そのまま一タレントのマネージャーとなってしまうケースが多いようである。

中には出演やギャラ交渉などマネージメントの優れたママ兼マネージャーも時折存在し、自分の子供を一流タレントとして、いろいろな手段でトップクラスに押し上げるような辣腕もいる。

あのオシドリ芸能夫婦から依然消えぬクスリの噂…




誰もが知る女優Xの母親もそのような出来るマネージャーの中の一人である。

ただし、このマママネの考えている「芸能界で成功する方法」というのが実に自堕落であるという。驚くべきことに、自分の娘が売れるために、また世間に一流子役と思わせるために、なるべく数多くの芸能人や業界人と枕を交わさせるというのだ。

また、彼女はこの業界で娘XをトップにさせるためにはA級芸能人や有名業界人とどんどん交接することだと、少人数の親しい友人に漏らしていたという。

そして彼女の真意というのが、一流といわれている人物から発するオーラやエネルギーをおすそ分けしてもらうこそトップへの近道だと信じているという、実に馬鹿げた妄想である。




事実、娘のXは歌舞伎、俳優、歌手、さらには政治家、そしてお笑いなどの一流クラスの人物たちと次々に一義に及ぶことで、首尾よく芸能界のトップクラスに駆け上がったのである。

いくら業界での成功のためとはいえ、本来であれば守らなくてはならない我が子の純潔をいとも簡単に、しかもふた回り以上も歳の離れた年長者に差し出すとは、なんとも理解に苦しむ信条である……。

しかし、これも芸能界という一般の常識では計り知れない異常な世界なのだろう。

(隼 英人 ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)

画像©StockSnap PIXABAY


 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る