自分の生活信条を人に押し付ける?ベジタリアンタレントCのご都合主義





健康を第一と考え、一般の人たちよりもヘルシー志向の強い芸能界では、菜食主義を実践している人物は結構多い。有名なところでは、アグネス・チャン、イルカ、財津和夫、市川海老蔵などが存在する。

以前から肉食に関して嫌悪感を抱いていたタレントCの嗜好も、今でこそ業界全体に広く普及したが10年ほど前までは「ベジタリアン」「ビーガン」などまったく話題にもならなかった。

あるお昼のバラエティー番組のなかで美味しい店が紹介され、その店がお勧めする肉を使った料理が出演者に提供された。

「なかなか、おいしいね」「お肉がやわらかい」「独特のソースの味が最高!」

他の出演者たちが思い思い意見を持って食べる中、Cだけが手を止めてフロアスタッフを睨み続ける異様な事態に……。




それ以降、Cは収録中に一言も話すことなく、収録現場はギクシャクしたままに番組は終了した。

番組終了後のこと、Cは自分の楽屋にフロアのスタッフ、プロデューサー、放送作家を呼び出し、「おまえら、オレが肉食えないこと知ってるだろうが」と叱咤、その後は延々一時間、肉食の有害性と菜食主義の優越性の話に熱弁をふるったという。

以来、その番組では試食が無くなったのはCの功績である。

(大山朱姫 ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)

画像©PIXABAY




関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る