バブル期に人気絶頂だったイケメン俳優A、台詞が覚えられず老人ホーム視察中

この大物俳優Aは、バブル期に渋くてちょっとキザなお父さん役やコミカルなイケメン役で人気を博し、現在40代以上の方々ならば誰でも憶えているはずの知られた顔だ。

だが、最近は舞台やドラマの台詞が記憶できず、共演者に迷惑をかけるために芸能活動が開店休業状態である。




今や頭はハゲ上がり、キザで独特のしゃべり方でモノマネされていた口調も、意味不明なものになっている。

元々お金持ちの家に生まれ、仕事が無くても金銭的にも困っていないAは、高級老人ホームを検討している状態であると言われている。

(串間圭介 ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)





 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る