倒産は時間の問題!?老舗芸能プロダクションAが債務超過、大リストラ 断行

国内でのテレビ出演料が4割から5割ダウンする中、タレントのテレビ露出により企業運営していた老舗芸能プロダクション各社の借入金が増大し続けている。

これは1社2社の問題ではなく、複数の大手プロダクションが倒産の危機にあるといっても過言ではない。




特にアイドルやミュージシャンを抱え、若い世代に人気のある某老舗芸能プロダクションAはかなり深刻だ。

借入金は年商を遥かに超えており、現状ではその返済はほぼ不可能と言われている。既に昨年末から社員やタレントのリストラが始まっており、今年はさらに人員整理が進むと見られている。

また社員への給料の遅配、タレントへのギャラの不払いも起きており、一部では他社の配下に下ると噂されている。

(松田ケン ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)




 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る