みんなに慕われたあの俳優、暗黒な裏の顔はあまりに荒んでいた…

 芸能界での少しばかり有名なウワサ、というか、ほぼ都市伝説に「俳優Zはとんでもないペドフィリア(小児性愛者)だった」という流言がある。

 「国民的人気俳優」「スタッフから信頼される俳優」として実に多くの老若男女から愛されていた人物だったが、実生活のZは家族に暴言を吐いたり、理由もなく瞬間的に激高する性格だったという。




 プライベートもまったくベールに包まれていて、何も明かさなかったために親しい人物はほとんどいなかったという。

 なぜZが自身のプライベートを明かさなかったのかというと、彼の性癖が影響していたのではないかと言及する人物がいる。

 Zはいわゆるペドフィリアで特に10代の少女をとても、というか、異常に可愛がる傾向があり、また実際に少女たちを心底愛していたという。なお、Zの趣味が影響したのか、このことからの裏返しなのか、Zが出演している映画には少女の子役が出演したことはほとんどない。




 本当は日本国内で好き勝手に少女と遊びたかったが、Zは超有名人であったことから、表立って未成年の少女と関係を持つことはできなかったのではないだろうか。そこでZがとった行動は、タイやベトナムなど自分の顔が知られていない東南アジアで少女を求めることだったという。

 Zはすでに鬼籍に入ってしまったが、一部では早死の原因は海外で感染した病気がもとではなかったかと囁かれている。ただし、その真相はいまだ不明である。

(アリナックス城井 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©AGDProductions PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る