【緊急検証】「スマステ」生放送、香取慎吾「休みません」発言はどういう意味だった?

SMAP解散報道がネットで流れてから1週間が経過した8月20日、新たにファンを悩ます事が起きた。

稲垣吾郎、木村拓哉、中居正広の各メンバーは、今週放送された自身のラジオ番組でリスナーに言葉少ないながらも謝罪のコメントを話していることから、香取慎吾はメインで担当するテレビ朝日「SmaSTATION!!」でのコメントが期待されていた。

8月20日のゲストはジャニーズ事務所の先輩で、近藤真彦とともに次期社長の声も高い・東山紀之ということもあり「香取くんは大丈夫だろうか」と不安の声もあったが、香取慎吾はSMAP解散には触れずに1時間の生放送を終えた。

ところがラスト近く、香取慎吾は東山紀之と笑顔で握手し、「休みません」と自分の気持ちをを伝えているシーンが放送されたのである。




これは「(SMAPの解散報道はあるが番組は)休みません」の意味なのか、報道で噂になっている芸能活動休止について「休みません」の発言なのかどうかはわからないが、一部では「香取慎吾の決意表明」と話題になっているという。

もっともこの「休みません」には11年前の「スマステ」を踏まえただけの発言だったのではないかという意見もある。

東山紀之は2005年の「スマステ」にゲスト出演したが、肝心の香取慎吾はインフルエンザで番組を欠席していた。そして、その時には代理司会として、中居正広と草なぎ剛が担当していたのだ。

そんな事情もあり香取慎吾の「休みません」発言は「(東山さんがまたゲストに来ても)休みません」という意味ではないかとされているが真相は不明である。

(文:網元メロンパン ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)





関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る